スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間宮陽介訳 「雇用,利子および貨幣の一般理論」が出る 

雇用、利子および貨幣の一般理論 上 (1) (岩波文庫 白 145-1)雇用、利子および貨幣の一般理論 上 (1) (岩波文庫 白 145-1)
(2008/01/16)
ケインズ

商品詳細を見る


僕としたことが,これが発売されいたのを逃していました.
今日,本屋に立ち寄って,思わず購入した待望の一冊.
アマゾンではまだ画像も間に合ってないですね.

とりあえずいまいえることは,

文庫になったことで,「一般理論」の敷居が低くなった.

文庫になったことで,読もうと思う気になった.


ともかくも文庫で出したということが,今回の訳の最も意義があることだったと思う.
まあ昨今は,古典の新訳ブームではあるのですが,こういう学術的なところは,ちょっとブームは遠いところにあるのかもしれないですね.特にケインズは分かりにくいといわれますし.一般に大学のマクロ経済学で学ぶIS-LMモデルが,ケインズ理論の代表的解釈といわれています.が,当然ながら,「一般理論」のあの大著が,財市場と貨幣市場のたった2本の式に収まるはずはないわけです.その意味で,IS-LMモデルはケインジアンの理解を普及させたものの,ケインズの考えていた経済学とは違うところを見ていたということなのでしょう.

さて,序文を読むと,アメリカのニクソン大統領の有名な言葉,

「われわれはいまやすべてケインジアンである」

が紹介されています.当時の経済学者に強く影響を与えた一冊であったわけです.サミュエルソンいわく,「南海の小島を疫病が襲うように」であったのですねぇ.逆に,その後の新自由主義をまた疫病と言い放ってしまうあたりは,間宮氏らしいというところか.

間宮氏といえば,「ケインズとハイエク」,そして,「市場社会の思想史―「自由」をどう解釈するか」を読んだことがありますが,両方とももう一度読みたい本です.日本のアカデミズムが好みそうなバイアスがあるとはいえ,これだけの短い本に経済思想史がきちんと整理されているのは貴重です.経済理論だけでなく,それが形成された時代のファッションを知る,そして背景にある経済思想を知ることが如何に重要かを再確認させてくれました.

さて,その間宮氏の訳.以前から話題になっており,いつでるのか期待していたところですが,ついにでてくれました.といっても,僕が今日気が付いただけで,とっくに出ていたのかもしれないのですがw.

当然ながら,まだほんの少ししか読んでいませんw.ですから書評ですらない...
そもそも,こういう本はさっと読んで理解できるような本では無いわけで,ただでさえ読むのが遅い僕には,一生かかってしまうのかもなぁとも思ったりしました.

僕がケインズの言葉で一番好きなのは,吉川洋氏の「ケインズ―時代と経済学」で引用されていた次の言葉,

「経済学の研究のためには、非常に高度な天賦の才といったものは必要ない。経済学は哲学や自然科学に比べればはるかに易しい学問といえるだろう。にもかかわらず優れた経済学者は非常に稀にしか生まれない。このパラドックスを解く鍵は、経済学者がいくつかの全く異なる才能を合わせ持たなければならない、という所にある。彼は一人にして数学者であり、歴史家であり、政治家であり、哲学者でもなければならない。個々の問題を一般的な観点から考えなければならないし、また抽象と具体を同時に兼ね備えた考察を行わなければならない。未来のために、過去に照らし、現在を研究しなければならない。」


ちなみに以前の本は,塩野谷氏のこちら.普及版とはいっても,その分厚さに読み始めることすらままならないというw

雇用・利子および貨幣の一般理論雇用・利子および貨幣の一般理論
(1995/03)
J.M. ケインズ

商品詳細を見る

「鹿男あをによし」を読む 

鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


いうまでも無く,言うまでも無い本.

このまえ購入していたので,読みました.

感想を書くと,ネタバレになるでしょうから,印象を.

といっても,少しはネタがバレます.


文体は,通して一人称.

一人称の文体ってのは,とても読みやすい.

が,すべてがこの一人称の視点でしかないので,

なかなか全体像が見えない.

そして,一人称である主人公の名前が出てこない(たぶん).

一人称による,情景描写ってのは,とても不思議だけど,

ものすごく丁寧に書かれている.

人間の描写,奈良の風景,剣道の試合が見ているように想像できる.

特に動きのある剣道の試合の描写はすばらしい.

剣道の場合,詳しいことは知らなくても,ほとんどの人が想像できる.

だからこそ剣道なのかもしれない.

面白かった.

Amazonの注文システムがおかしいと思うわけ 

今日,Amazonで本を注文したところ,

ちょっとおかしなことに気がつきました.
一度,ある本のHPで,「ショッピングカートに入れる」ボタンを押します.
当然,商品がショッピングカートに入っています.
何冊か購入しようと,おなじ操作を繰り返すうち,
ついさっきも入れた本で,「ショッピングカートに入れる」ボタンを押してしまうってことありますよねぇ.

で,PC環境によるのかもしれませんが,Firefoxを使っている僕が,
Amazonでこの操作(同じ商品について,,「ショッピングカートに入れる」ボタンを繰り返し押してしまうこと)をすると・・・.なんと,数量が増えています.

これって,当然ですか?
うーん,この数量表示,とても小さくて見難い.最後の確認画面で,なんとなく違和感を感じて,じっくり見てたら,ようやく気が付いたくらい.冊数が少なかったから良かったものの,沢山購入していたら気が付かなかったかもなぁ.

もちろん,確認のメールで気が付くかもしれない.でも確認メールだって,表示はさらに見難いだけのこと.とすると,本が届いてから,気が付いて,返品という面倒な作業に・・・.送料もかかるし.


僕が思う望ましい方法としては,

1.同じ商品がショッピングカートにあるときには,その旨伝えてくれる.

2.数量を変更するのは,「ショッピングカートに入れる」ボタンを押した回数ではなく,数量変更の項目で変更する.

という感じだと思うんですけどねぇ.僕がおかしいのかなぁ?

Excelで学ぶ金融市場予測の科学 ブラック-ショールズ理論完全制覇 

Excelで学ぶ金融市場予測の科学 ブラック-ショールズ理論完全制覇Excelで学ぶ金融市場予測の科学 ブラック-ショールズ理論完全制覇
(2003/10/20)
保江 邦夫

商品詳細を見る


2003年出版の本ですが,こんな本があることに4年以上も気が付かなかったなんで・・・.この本は,なかなか良い.金融工学といえばブラック・ショールズ式なのですが,この確率微分方程式をExcelでといてしまおうという試み.良く考えれば,表計算だってできるわけで,無理に難しいプログラム言語なんか覚える必要は無い.(もちろん実践するには必要.)
目次は次のような感じ.

1 おさらいと準備運動(架空デリバティブ取引
金融市場予測と確率微分方程式)
2 プロならせめて2変数関数(やり残したおさらい
1変数関数と平面グラフ
1変数関数の微分法 ほか)
3 ブラック‐ショールズ理論の解剖(線形確率過程というチョンボ
確率解析学と伊藤の補題
幾何線形確率過程 ほか)


第一章では,前作(この投稿の下のほうにある)の簡単な復習をしつつ,デリバティヴについて分かりやすく解説してくれる.これは分かりやすいのだけれども,関西弁が読みにくい.関西弁は文字にすると読みにくいと感じるのは僕だけか.

第二章は2変数関数と偏微分,そしてテイラー展開について解説してくれる.これは高校数学をわかっていれば十分にわかる内容.でもそれ以上にグラフも用いてその意味から丁寧に解説していくれているので,より分かりやすいかも.

第三章にいたって,ブラック・ショールズ式を解説してくれる.たいていの本と同様に,熱伝導方程式と同じであることも解説.このあたりは普通.あとはExcelを用いた数値計算法と,さらにモンテカルロ法まで紹介してくれる.


この本の何がすばらしいかといえば,Excelを用いて確率微分方程式・偏微分方程式を解くということに取り組んでいること.しかもマクロやVBAを使うわけでもなく,普通のExcelの関数と,セルの複写を多様するだけ.この点が,むしろダメという指摘も無いわけではないけれども,僕はむしろこうした簡単な手続きのみでブラック・ショールズ式を実際に操作する方法を提供してくれたことに意味があると思う.

どんなものでも,まず自分で操作する,経験することがスタートすることが一番理解が深まる.ただ数式で学んでも,それを操作できなければ面白さも何も分からないわけで.じゃあ,そのために面倒なプログラミングまで学ぶ必要があるのかと思うと,ハードルが増えてしまう.とすれば,むしろできるだけ多くの人に操作可能な形を提供してくれていることが,入り口としてすばらしいと思うのです.

著者紹介には「確率変分学の開拓者」とある.
変分という概念をきちんと理解している著者だからこそ,こうした連続の確率微分方程式をExcelという離散の表で十分に解けることを紹介できるんだと思いました.よくよく考えてみれば,数値計算は連続モデルを解く時にでも,微小とはいえ離散近似せざるを得ない.だったらExcelの表計算でできないことは無いわけだ.こんな発想は考えもしなかったが,言われてみれば当たり前なわけで・・・

数式を追うのはちょっと疲れるものの,丁寧にじっくり追えば理解できる書き方をしてくれている.たとえ細かい計算が追えなくたって,その数式の意味をきちんと追うことができていれば,問題ない.あとは自分でシミュレーションをしてみることで,数式のどの部分が,Dynamicsにどんな影響を与えいるかを確認することで十分だ.こうしたことを自分で操作してみることは,形だけの数式を意味もなくいじくることができるよりも,ずっと深い理解を得られるだろう.

この本では,Excelを使って解くことがメインになっていますが,この内容を読むだけで,基本的なアルゴリズムが理解できてしまう.一旦,アルゴリズムを理解していまえば,他のプログラミング言語に落とすことは極めて容易です.Excelを用いてイメージしやすいところでアルゴリズムを解説したほうが,むしろ理解しやすいわけだ.すばらしい.これは個人的に使える.


ダメな点.

1.前作に依存しすぎている.期待値や分散などの簡単なことぐらいは,はしょらずに解説しておきたい.また最後に書かれていたモンテカルロ法についても,前作に依存しており,まったく使えない.むしろ,前作と今回のとをあわせて一冊に書き下ろして欲しかった.ここが残念な点.というわけで,前作も購入しました.

2.野球に興味がない人は,野球をモチーフに例を挙げる著者の語り口はかえって分かりにくくなる.

3.そもそも著者の説明は,分かりにくい.本の目的はとても良いのだが,説明がもう少し丁寧であっても良い.もう少し推敲を重ねて欲しい.これは出版社が指摘すべきところ.

4.図表とそれを説明する本文とのページが離れすぎているところがある.これは不便で読みにくい.



これが前著
Excelで学ぶ金融市場予測の科学―市場を動かす中心金融定理とは何か (ブルーバックス)Excelで学ぶ金融市場予測の科学―市場を動かす中心金融定理とは何か (ブルーバックス)
(2000/04)
保江 邦夫

商品詳細を見る

「ニッポン社会」入門 

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
(2006/12)
コリン ジョイス

商品詳細を見る



日本人の日本への無関心

まえから良く思っていることなのですが,どうして僕も含めた日本人は,あまりに日本に関心がないのだろうと・・・.よくよく考えてみると,普段当たり前に思っていることって,ほとんどきにしないことが多いので,そうしたことが関心が薄れてしまう原因なのかもしれない.

この本は,英国人特派員の見た日本の姿の一部を書いたもの.とてもよく観察しているだけでなく,著者は日本人以上に日本のことを知っていることがある.銭湯が好きで,たくさんの銭湯に行っているらしい(僕はほとんど行かない).脇道が好きで(僕はほとんど寄り道しない),地元の人しか歩かないようなところをいろいろとたずね歩いてみたりしているらしい.君が代の由来を知っていて(僕は知らなかった),日本人の多くがいかにジェントルマンなのかを
知っている.

普段,当たり前すぎて気にしないことを,外国人の視点から見ることで,気がつかされるというのは良くあることなのかもしれない.日本のように,地域に住む民族があまり多様でない場合には,そうしたことに気が付きにくいという問題があるのかもしれない.

彼が紹介してくれたエピソードの一つ,彼の自転車が壊れてしまったときの話が印象深い.サドルのボルトが壊れてしまったらしく,しかもどこにもそのボルトが売っていない.そんなとき近くのネジ屋に頼みに行ったところ,たった一つのボルトにも関わらず,「けがはしませんでした?」と親切に対応してくれ,そのうえサドルを治すのを手伝ってくれたということ.彼はこうした対応にとても感銘を受けたのだという.たしかに,これは日本人でも感銘を受ける.そしてこういう日本人は少なからずいると思うし,そこが日本の良いところという感じは同意できる.そして,是非今後とも日本人はこうあって欲しいし,自分も努力をしたいと思う.

しかし,悲しいことにグローバル・スタンダードはぜんぜん違う.とてもしたたかだ.そうしたしたたかさは,日本人のこうしたやさしさを逆手にとって,利用してくることだろう.とても残念なことだけど,ひとつのグローバル化の弊害ではあるのかもしれない.


海外に伝わる日本:メディア・リテラシー

他にもたくさんのトピックがつらつらと書かれていたけど,面白かったのは,彼の特派員としての仕事内容.イギリスのデイリー・テレグラフでの日本特派員をしていた彼は,日本についての記事を送って,テレグラフに載せてもらうという仕事をしていたわけです.この記事に求められるものを考えたときに,どうしてもイギリス人が求めるものになってしまうということなのです.日本の政治にはあまり変化がなく,面白みはない.だから政治などの話題はどうしてもアメリカなどの主要国になってしまう.そうすると,日本について記事を書くときにはどうしても,キワモノになりがちだというわけだ.なんかわかるような気がする.で,どんな記事になりがちかというと,第二次世界大戦,相撲,ヤクザ,芸者,皇室,女性,若者文化,憲法第9条,奇妙な犯罪といったところになってしまうのだそうだ.たしかに外国人からみると,日本についての情報はこんなところだろう.あとはアニメ,ロボット,高齢化くらいか.

特に,おもしろかったのは,著者が記者として書く記事が,本部で書き換えられてしまうことが多々あったということ.メディアリテラシーの観点から,こうした記者による告白はとても面白い.またミスもある.小泉前首相が,憲法第9条の見直しだと賛成した際,それを報じたデイリー・テレグラフの見出しは,「日本の新首相,交戦権を要求」となっていたらしい.全然違うw


日本の携帯電話

そのほか,日本に来て,ほかの国では使える携帯電話が使えないというのも重要な意見.こうした障壁は長期的に見て,日本の首を絞めることになりかねない.日本の国内需要が十分にある今は問題ではないかもしれない.しかし,長期的に人口が減少していくことが確実である今,国内の携帯電話市場は縮小していくことは間違いない.電話なんか,一人一台,多くても2台持てば十分.もっと長期的な戦略を考える必要がある.


日本的フレーズ

あ,こう書いていて,最後の自分で書いたフレーズがとても面白いことに気がついた.
著者は,こんなことを指摘している.著者が,テレグラフのデスクに,

僕が日本の新聞の論調は「たしかに○○であるが,一方,××でもあり」ときて,「この問題に関しては真剣な議論が必要だ」と結ばれているのが普通だと伝えても,決して信じてはくれないのだ.

これ面白い.僕も上で書いたように,日本の論調って,「この問題に関しては真剣な議論が必要だ」っていう,なんか考えることを放棄した内容がとても多いですねぇ.僕もブログ書いていて,自分でそれ以上考えるが面倒くさくなったときによく,こういう類のフレーズを使ってしまいます.これ外国人から見ると,とても奇妙に見えるんでしょうね.まあ何も言ってないに等しいですから,そんなことをわざわざ新聞に書くの?って感じなんでしょうか.面白い.

最小のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる 

このネタはついこの前も書いたのですが,誰とはいいませんが勘違いされていることが多いので,もう一度書きます.

「最小のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる」

というのは,経済学的に正しくありません.いやそれどころか数学的にも正しくない.
経済学的にも,数学的にも正しいのは,

「一定のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる」

か,または,

「一定のベネフィット(便益・利益)を,最小のコスト(費用)で達成する」

のどちらかです.
これは数学的には,
前者が「制約条件付きの最大化問題」,
後者が「制約条件付きの最小化問題」,
を解いていることになります.


「最小のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる」

に似たような言葉は,あちこちで耳にしたり,目にしたりすることがありますが,
是非気をつけてみてください.


ただし,もしも達成すべき目的関数が,コストとベネフィットの2変数関数であったときには,ちょっと違います.この場合は,目的関数が最適になるようなコストとベネフィットを見つけることが問題になります.このような問題に変えてると,
「最小のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる」
とはまったく意味が違います.このケースでは,
「ある目的関数を最大化(または最小化)するような,コストとベネフィットの水準を選ぶ」
という問題になるわけです.目的関数を最大化(あるいは最小化)するようなコストとベネフィットは,最小のコストではありませんし,最大のベネフィットを達成しているわけでもない.というか,こういう定式化そのものをしないんじゃないかなぁ.

やっぱり,

「ある一定のコスト(費用)で,最大のベネフィット(便益・利益)をあげる」

か,または,

「ある一定のベネフィット(便益・利益)を,最小のコスト(費用)で達成する」

が妥当ですね.

「頭のいい段取りの技術」を読む 

頭のいい段取りの技術頭のいい段取りの技術
(2007/12/20)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


「頭のいい段取りの技術」を読む.

この手のHOWTO本は買って読まないようにしようと決めていたんですが,本屋でぱらぱらめくって,やっぱり買ってしまった一冊.パラパラで読めれば買わなくても良いんですが,僕はそれできないんですねー.

それはともかく,何事にも段取りが大事だということを最近特に感じています.
僕は数値計算をするのによく簡単なプログラミングをするのですが,その際でも段取りをきちんとしておくと,もうほとんど終わった感じです.段取りを丁寧にしておくことが,仕事を進める上で,一番大切なんだと思いました.

金属加工の世界でも,段取りが重要です.というよりも,段取りさえ終わっていれば,あとは素人でもなんとか加工はできます(もちろん精度という意味では別問題です).その段取りをどのように組むかというのが,まさに職人の経験の見せ所になるわけですな.

この本,まさにその「段取り~!」を書いたもの.
著者はかつて段取り君と呼ばれていたらしいです.「段取り~!」はさすがに流行語対象にはならいないですねw.

読んでいていくつか共感できるところと,そして耳の痛いところがありました.たとえば,

「仕事の段取りに関する限り,私は,優柔不断な善人より,迅速に行動する悪人のほうが好きなのです」

って言葉.これは耳が痛いです.僕は要領が悪いのか,細かいことにこだわりすぎてとても優柔不断になってしまいます.そのため行動が迅速にできない.でも実際やってみると,とっととはじめておけばよかったと思うことが多々あります.もちろんきちんと段取りをしていることが条件となりますが.

とはいえ気になるところもある.

「完成度は八〇%でいい」

といってみたり,

「一万分の一に備える」

といってみたり,

NASAのポリシーであるフォーナインを紹介してみたり.ちょっと話に矛盾がある.この手の本に全体としての整合性を求めることが間違っているのだなぁと感じる.個別個別の項目を読んでなんとなく納得して,モチベーションを維持することに意味があるんで,全体としてそんなに理論的にしっかりしている必要はないのかもしれない.


ちなみにNASAのフォーナインは,全ての部品の信頼率を99.99%まで高めるというもの.
一つのプロジェクトに10個の部品が使われていたら,プロジェクト全体の信頼率は,99.99の10乗つまり,99.9%になる.失敗の確率は0.1%になる.最近はシックスナインの精度が求められているとか.

この考え方はとても正しいと思う.ただし,全体としてリスクが相互に依存関係になっているようなシステム設計をしているわけではないだろう.どこかがダメになっても,なんとか動くようなバッファーを持った設計にしているはず.そういう設計思想も重要だよなぁと思っていると,その点もきちんと指摘されていました.


第1章 「段取り」とは一体なにか?
第2章 余裕を生み出す「予定・時間管理」の段取り術
第3章 仕事スピードが上がる「環境・情報整理」の段取り術
第4章 超効率アップ!「知的作業」の段取り術
第5章 できる人の「コミュニケーション」段取り術
第6章 「ゴチャゴチャ仕事」の段取りのつけ方・動かし方─実践編
終章 段取りの目的は人生を楽しむこと!

第6章の,ゴチャゴチャ仕事に対する方法論は,一度実践してみないと,ちょっととっつきにくい.しかも本文とグラフの参照もなんか読みにくい.でも実践してみると,その意味に気が付くかも.よくよく考えてみると,たしかに,あれもこれもやらなくちゃというゴチャゴチャしたプロジェクトを,どういう工程管理をすればよいのかという問題の整理にはとても役立ちそうな気がしてくる.個別の工程同士の相互依存関係を洗い出すことで,全体像を捉えることができる.なにをやるにもまさに段取りが重要なんだと改めて実感した.とりあえずやってみることにします.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。