スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期間取り過ぎると,体に重大な障害をもたらすもの. 

長期間取り過ぎると,体に重大な障害をもたらすもの.
以下,代表的な症状だけを書きます.

①砂糖(炭水化物).

肥満,糖尿病,生活習慣病の原因となります.
糖尿病は,虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞),脳梗塞,閉塞性動脈硬化症といった合併症をもちます.

②脂肪.

肥満,中性脂肪,高コレステロールの原因となります.
引いては,動脈硬化から,心筋梗塞,脳梗塞の原因となります.

③塩.

高血圧の原因となります.動脈硬化の人が,高血圧となれば,梗塞の可能性が高まります.

③たんぱく質.

腸内腐敗から大腸がん.プリン体の取り過ぎから痛風.

④食物繊維.

下痢.腸での栄養吸収の低下.例えば,脂溶性ビタミン(ビタミンA、E、D、K)の吸収低下,カルシウム・鉛・鉄の吸収低下.


⑤ビタミン.

たとえば,これ
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20050801ik06.htm
ほかにも,前立腺がんという研究もある.これ.
http://news.ameba.jp/2007/05/4720.php


これらはどれも通常の食べ物に含まれているもの.
要するに,どんな食べ物でも,量が多ければ毒になるということですね.
というよりも,そもそも毒の定義とは,容量が問題なのであって,
適量ならば「薬」となり,適量を超えれば「毒」となるんですよね.

世の中いろいろな環境ホルモンだとか,ダイオキシンだとか騒がれていますが,
よく考えるとそういう物質ってのは,自然界にあってもある程度含まれているものが
ほとんどだったりするんですよね.
意識する必要はあっても,過敏になる必要は無いんだと思います.
むしろ普段食っている食べ物の分量を気をつけるほうが,よほど体に良いのでは?
と思うのでした.

もう一つ,気がつくことは,サプリメントなどのように,ある特定の栄養を凝縮して,摂取すること.通常の食べ物と違って,純化されていることで,吸収の程度も高いでしょう.気をつけないと過剰摂取になりがちなんですね.

危険なAmazon Prime 

僕はたいていアマゾンを利用して本を買うのですが,

今日なんとなくアマゾンを見ているときに,
Amazon Primeのボタンを間違って押してしまいました.
そのたった一回のクリックで,なんと登録されてしまったのですよ.
そんなのありえないでしょう.怪しいエロサイトかっちゅうの.

年会費3900円もするのに,なぜ1クリックで登録されるのか?
しかもキャンセルしても,一度はカードからお金を引き落とされて,それからキャッシュバックだという.キャンセルの条件登録後買い物を一度もしなければ大丈夫みたいなのですが,こんなの詐欺みたいなもんでしょ?

これ間違ってクリックして,知らずに登録してしまっていると,ほとんど気がつかないうちに3900円払い込んでしまう可能性がありますよ.いちおうプライム会員向けのメールは届きましたけどね.

危険極まりない商売をするアマゾン.
結構便利なので,信頼していたのですが,信頼度がた落ちです.
今後の対応如何によっては,利用サイトを変えることも検討しますよ.

チェコへ行こう④ プラハ~クラクフの夜行電車のチケット予約の方法(暫定版) 

プラハ~クラクフ間の夜行電車のチケットを予約しました.
ネットで調べると,結構この区間を利用している人が多いみたいです.
とりあえず僕が予約した方法をメモしておきます.暫定版というのは,予約は成功したものの,チケットの受取を現地にしたので,まだ受け取っておらず,本当に成功したとは言い切れないからです.

この区間の夜行列車は,どうも治安が心配という情報が多いようで,1等寝台をシングルで利用することが進められることが多いみたいです.確かに2等寝台だと料金は安いものの,3人部屋などになるので,ほかの旅行者と同室になることがありえます.もちろんほかの旅行者を信頼しないわけではないのですが,3人いればそれだけ部屋の出入りも頻繁になるわけですし,室内の荷物がやはり不安になりますね.

そんなわけで一等寝台が良いなぁと思うわけです.
で,これを予約する方法が,ネットの情報では少ない.
とりあえず僕の調べた限り,日本語ではぜんぜんありませんでした.

英語でひとつあったのが,こちら.
How to Book Train Travel From Prague to Krakow
http://www.ehow.com/how_2025044_train-prague-krakow.html

これはわかりやすいし,またいくつか電車に乗るためのコツも書かれていました.
予約の方法ですが,raileuropeを使うようです.
http://www.raileurope.com/us/index.htm
から,左側にある"Train Tickets & Schedules"を選びます.
そうすると,

往復,片道
出発地,行き先,
日にち

などの条件を入れる項目がでてくるので,必要項目を入力します.
検索すれば,あとは案内にしたがって購入していくことになるみたいです.

が,実はこの方法では僕は購入していません.
どうも値段設定が良くわからないことと,チケットを自宅まで送ってもらうことになるので,いろいろ面倒だなぁと思ったわけです.ネット情報をいろいろ見ていると,このRailEuropeを介して購入するのは,ちょっと高くつくようです.
僕の場合には,たぶん(←自信ない)片道141ドル×2+手数料18ドル=300ドルでした.
それでもまだわかっていないのは,この購入方法で一等寝台をシングルユースできるのかどうかということです.いろいろヘルプはあるものの英語ですので,たくさん書いてある中から該当する文を探すのは面倒です.そんなわけでこの方法は止めにしました.

それではどんな方法にしたかというと,いくつか候補がありました.
プラハ本駅で当日あるいは,数日前に直接購入という手段にしようというもの.しかしシーズンということもあり,寝台車がいっぱいである可能性が高いです.もしいっぱいなら,座席で8時間の夜をすごす必要がでてきます.これはつらいし,一人旅では安全上も問題がある.
そこで考えたのは,プラハ本駅にある旅行代理店(?)で購入することです.ここは英語が通じるらしいので,良く旅行者が現地でチケットの購入に利用するという情報がありました.
http://www.wasteels.cz/
です.
ここここ,
20070618193456.jpg



Wasteelsにつたない英語でメールを送って,プラハ・クラクフ間のチケットを予約できないか?と聞いてみました.
すると案外簡単にOKが.しかもチケットは現地で受取したいこと,支払いも現地でやりたいことを伝えると,結構あっさりOKがwメールのやりとりも,返事がすばやいので数日でチケットを手配できました.あとはプラハ入りした段階で,駅に行ってチケットを受け取りに行けばOKです.
料金は,
プラハークラクフ間往復,一等寝台,シングルユースで4835 kc(予約当時で242USD)でした.
正規の料金を知らないので,手数料がいくら含まれているのか不明なのですが,それでもRailEuropeよりも安く,たぶん確実に予約できたので,良かったと思います.

ちなみに電車の時刻なども教えてくれました.
自分で調べたい場合には,
http://www.idos.cz/
から調べることができます.
もっといえばここから仮予約もできるようなのですが,仮予約の期限があるみたいなのと,helpがチェコ語でわからないこと.また料金もわからず,しかも往復では買えないという難点があったので,こちらもまた断念しました.しかし時刻を調べるのには最適でした.

とりあえず,現在のところ暫定版です.実際にうまくいったら,正式版ということになりますね.無事にチケットを入手できたらば,改めて書き直したいと思います.

これで僕がきちんと行って,お金をきちんと払わないと,この方法取れなくなってしまうかもしれないので,責任重大です.


追記
7月1日に,プラハ本駅に行って,Wasteelsに行きました.
メールで予約していたことを伝え,プリントアウトしたメールを見せると,担当者がでてきてくれました.きちんとメールの通りに予約できていて,チケットを無事に購入することができました.強面のオッサンでしたが,とても親切に対応してくれて,チケットの意味なども教えてくれました.

僕が購入したチケットは,往復のチケットです.
ですから,帰りにも同じチケットが必要なのできちんと保管しておくようにと言われました.そのほか,寝台のチケットが別に2枚,行きの分と帰りの分とをくれました.丁寧に説明してもらったので,良く理解できましたよ.

プラハから,クラクフに行くときには,ここで予約をしてから行くと,とてもスムースに行くことができるのでオススメです.ただくれぐれも先方に迷惑をかけないように,きちんと予約を履行するほうが良いですね.そうでないとEメールでの予約ができなくなってしまうかもしれないです.

無事にプラハから夜行列車に乗り,クラクフへ.
そして帰りの夜行も無事に乗ることができました.
オススメのチケット手配方法です!
旅行記は,いずれまとめて書きます.

旅程に悩む 

連休中は,いろいろと旅程を考察して,ネットを探索してみたりしてた.
プラハのホテルは非常に高く,三ツ星でもシングル一泊10000円以上はする.
旧市街に入ってしまうと,さらに高くなってしまう.五つ星ならシングル一泊4,5万はするかも.
旧市街の周りの新市街ならちょっとだけ値段が下がる.
それでも新市街からちょっと離れた三ツ星ホテルをブッキングすると,シングル一泊70ユーロだった.1ユーロを160円としても,11200円.高いっ!

ホステルならいろいろあるんだけど,旅程がきついので,最後の2泊はゆっくりしたい.だからなんとかサービスの良いホテルを探していた.いろいろ探しまくっていたら,新市街の中に,一泊30ユーロほどのホテルが!ただし,バス・トイレ共同ということだった.そのホテルはバストイレ付きだと59ユーロ.うーん悩ましい.

僕はいつも大量に水を飲むので,トイレが近い.やっぱりプライベートトイレは必要だなぁ.ロングステイなら,料金優先でバストイレ共同や,ホステルでもいいんだけど,今回のプランは夜行列車の移動泊を2泊も入れているので,帰る直前のホテルくらいはゆっくりしたい.

ってことで,一泊59ユーロのところを2泊することに決定.
以前に予約したホテルをキャンセルしなくては.うまくキャンセルできるだろうか?あとで,カードで請求されたら痛いなぁと,ちょっと不安になってみる.

ちなみにクラクフでのホテルを,やはりクラクフ旧市街の65ユーロのところにしたので,こちらもちょっと変更したい.
クラクフは一泊の予定なので,ホステルにしようかと検討中.
夜はゆっくり寝たいから,プライベートルームのあるホステルを探してみると,20ユーロくらいのところがあった.
うーん,ここにしようかを検討中.

ホテルのブッキングをクリアしてしまえば,後はプラハ・クラクフ間の夜行列車往復のブッキングだけ.EuroRailのHPのブッキングは時期がちょっと早いので,まだやってないんだけど,往復で300ドル+18ドルの手数料を取られてしまう.
現地で買うと安いらしいのだけど,観光シーズンということもあり,予約していないとちょっと不安.

そこでチェコ国鉄のHPから予約を試してみると,意外にもうまくいった・・・
と思ったら,pre-reservationということで,期限までに駅に行ってチケットを買ってくれっていうじゃないかw.おいおい無理だよ.

しかたないのでポーランド側のHPから購入を試みるも,HPの使い方がいまいちわからない.インターフェースは英語だけど,ヘルプは全部ポーランド語.うーん.

この列車移動がネックになってる.
プラハを20:55に発車するので,それまでホテルのチェックアウト後に時間が空いてしまう.拠点が無いまま時間が空いてしまうと,何をしようか困ってしまう.南にあるチェスキー・クルムロフへのツアーを発見したものの,9:30から10時間ほどのバスツアー.向こうの人の感覚だと,きっと1,2 時間の遅れは送れとは言わないだろうから,2時間遅れると,夜行列車に乗り遅れてしまう可能性が高い.これも悩むところ.

もう一つは,クラクフの到着が朝6時というところ.
その日のうちに,アウシュビッツ・ビルケナウに行っておきたいのだけど,荷物の預け所は9時半から・・・.また両替もきっとまだ開いてない・・・.アウシュビッツ・ビルケナウも電車でいくのも面倒なので,これも現地のツアーをHPでチェックしているんだけど,当日の現金払い.だから両替所が開いてないってー.

日常の悲劇 

先日,通勤のため,駅のホームで電車を待っていました.

僕が乗る電車と反対のホームに電車が到着しました.

しばらくすると,中の乗客がざわざわしています.

そして,ドアのところから駅員さんを呼び始めました.

”すいませ~ん”

という感じ.しかし電車の発射ベルが鳴り出し,駅員さんは気が付かない.

呼ぶ乗客の声がだんだんと大きくなる.

それでも車掌は気が付かず,ドアが閉まろうとする.

お客さんは協力し,ドアを止める.

ホームの別のお客が,緊急停止ボタンを押す.

ベルがなりだし,ホームは騒然となったのでした.

ようやく駅員が到着し,お客に話しを聞く.

中に倒れている人がいるということだった.

周りの人も,ことの重大さに,立ち止まり見守っている.

どうやら駅員が声をかけたようだ.

しばらくすると,若い男性が,自分で歩いて降りてきた.

ん?

本人は,大丈夫だと,照れくさそうに言っている.

ん?

あっ,寝てたのねw

そんな倒れこむほど,ぐっすりと気持ちよくw

その後,彼がどうなったのかはわかりません.

叱られたのか,遅れた賠償を求められたのか,

何事もなく去っていったのか・・・

日常の悲劇でしたw

マイストア 

アマゾンでマイストアを作ってみました.

http://astore.amazon.co.jp/kelso-22

とてもつくりやすいです.

でも,本をひとつひとつ紹介できないのが残念.

THE LOST TOMB OF JESUSを見る 

THE LOST TOMB OF JESUS
http://www.jesusfamilytomb.com/


James Cameronの1時間半のドキュメンタリー.
疲れました.まあ,4割くらいはわかったかな.

1980年代にイスラエルで発見された墓が,いまになって話題になっていることになるわけか.

なかには骨壷.

書かれていた名前は,ヘブライ語とギリシア語で,Jesua, son of Joseph, Mary, Mary, Mathew, Jofa and Judah, son of Jesua.

以下ちょっとネタばれ.といっても,すでにドキュメンタリーの解説にほとんどありそうな気もしますが.

これだけの名前が一致する確率は,さまざまなバイアスを除いても,

1/30000


ただし,墓からは,いくつかの骨壷が盗まれていたため,他からもってきたものもある.もちろん骨壷の成分分析などで,おなじ墓のものであろうことは確認している.

それにしても,この墓.現在はマンションの下になっているらしい.そのため,ドキュメンタリーでは墓がどこにあるかを探しなおしている.いろいろ探した挙句,なんとマンションの周りの花壇のようなところに,ちょっと不可思議なコンクリートのフタがあった.近所のおばちゃんに聞くと,そこが墓よ.くらいの勢いで答えるじゃない.そこをあけてみると・・・
なんと墓の入り口が・・・
ご丁寧にはしごが・・・

これを見て.ちょっと萎えた.
もっときちんと聞き取り調査をしてから,探しなさいという感じ.

見ているうちに,本当にキリストとその家族の墓である可能性が高いように思えてきた.
もちろん当時偶然に同じ名前を持つ家族がいてもおかしくはない.

あとは,この事実をサポートする文献や,墓の発掘を進めることで,より詳細がわかってくることになるでしょう.
そのための資金集めが,DVDと本で行われてるってところかなぁ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。