スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく怪しい調剤薬局 

僕の行っている調剤薬局では,基本調剤料を42点とっている.
さらに基準調剤加算で10点足している.

でも,その薬局,僕の行く病院と営業時間がまったく一緒だ.
絶対におかしい.
基本調剤料の基準はあるものの,自己申告制だし,だれもチェックしないという.
本当に,基準をみたしているんだろうか?

もう一つ気になったのは,「~薬局 ~店」
という扱い.これって,他にも同じオーナーの薬局があるということになるでしょう.
この複数の店舗で,合わせて基準を満たしているからOKなんていう
言い訳を考えているのではと怪しんでしまう.
そりゃ2店舗以上あれば,当然ながら基本調剤の基準を満たすように
「ごまかす」ことができる.

絶対おかしい.でもチェックする術がこちらにはない.

こういうときこそ,最近非難の的になっている,会計検査院が
頑張るべきでしょう.
医療点数が不正に高く請求されているのであれば,負担割合の
残りを健康保険が負担することになってしまう.
このような不正請求をもっと厳格に取り締まっていかなくては.
ビデオの録画や新聞の切り抜きを天下りOBに頼んでいるだけでなくて,
もっとおかしいと思われる情報を検索して,調査してほしい.

これはまったくの可能性でしかありませんが,
もし薬局が,患者から基本調剤料を多く請求する一方で,
実際には安い基本調剤料しか申告していなかったとすれば,
それは脱税になりますから,そっちで調査というのもありえます.
ただ,こちらの方は可能性低そうです.

それにしても患者の同意に基づいて提供するような情報提供料も,
なにも言わなくても当たり前のようにつけてきますし,
ちょっと誠実さが足らない気がします.

薬剤師の言い分としては,薬剤師の質を維持することが目的ということになるのでしょうが,
実際調剤薬局に本当に薬剤師が何人いるんでしょう.
僕が行っている薬局でも,明らかに薬剤師より事務の人間が多い.
みんな白衣着てるもんだから区別がつかないけども,女性ばかりの店員のなかで,
領収書に押してある印は男性の薬剤師のもの.
まあ一人はいるんだろうけども,ならなぜ自分の判を押さない.
怪しい.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/97-2545d1b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。