スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療制度 ちょっとだけ思案してみる 

医療制度改革の審議が進んでいますが,ちょっと思案してみた.

医療費の負担割合は変えないまま,支払いのタイミングをずらすと
面白いのではないか.

医療費の支払い時点での支払額を10割とする.
年末か年度末に,lump-sumで負担割合に応じた金額を還付.

こうすると,直感的には短期的に医療費の相対価格が上がるため,
医療費の削減につながる.
年末か年度末にlump-sumで還付されるならば,
還付時点での相対価格も変えないため,この還付は主体的均衡に
影響を与えない.

と,うまくいくだろうか?
より具体的には,支払い時点の医療費があまりに高額にならないように,
上限を設ける必要はあるかもしれない.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/87-f8a04594

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。