スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバディ,カバディ 

今日NHKの探検ロマン世界遺産で,ガウディの特集が放送されていました.
ガウディと聞くと,ついカバディ・カバディと頭の中で唱えてしまいます.

サグラダ・ファミリア贖罪聖堂
カサ・バトリョ
コロニア・グエル地下聖堂
カサ・ビセンス
グエル邸
ラ・ペドレラ
カサ・ミラ
グエル公園

と行って見たいところばかりです.
以前Google Earthがでたころに,ひたすらサグラダ・ファミリアを
探しまくりました.結構鮮明に見えて感動したんですが,やっぱり直接見たいです.
いま友達が,アムステルダムからスペインに下って,モロッコまで
旅行しているんですが,バルセロナには行かないみたいです.残念.お土産が欲しかった.

ガウディの作品は,自然をモチーフにというよりも自然そのものを
造形化しているんですね.放送の中でのガウディの言葉に
「私の師匠は一本の木」
ってのがありました.

それともう一つ,これも良く知られていることですが,
ガウディは構造計算(?)に紐とおもりを用いていました.
それらを釣るしたときの,紐が柱とハリに相当し,ひっくり返せば建物になる.
もっとも安定した構造を探るために,こうした実験を繰り返したそうです.
確かに計算するよりも,実際の重力を観察し実験を繰り返すほうが
もっとも確実といえるかもしれません.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/80-7ff7e154

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。