スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thug 

Thugって,イギリス植民地の昔のインドの絞殺強盗団員を
いうらしい.これを語源として,thugeeなんて言葉もできたみたい.
よくよく調べると1000年以上続く秘密結社だったとか.
カーリーを崇拝していて,人をころして人を殺してカーリーに捧
げるという教団で、殺人数が多いほど死後の位があがるとか.

カーリーってのはヒンドゥー教の神様だけど,非常に猛々しい.
カルカッタ(コルカタ)にカーリーガート寺院ってのがあるらしく,
シヴァ神の妃パールヴァティーの憤怒の形相を表した戦いの神
カーリーを祭る寺院があるそうな.カルカッタの地名の由来でも
あるらしい.

神話によれば,アスラの軍団に天界を追い出された神々が,
シヴァ,ヴィシュヌ,ブラフマーなどの神々に助けを求めた.
神々の放った光は十本の腕を持つ女神ドゥルガーを生んだ.
彼女は姿を変え形を変え,アスラの王マヒシャを倒した.
アスラを倒した後も,彼女は魔神を退治し,敵軍が近づくと,
怒りのために顔が黒くなった.
Kaliを辞書で引くとサンスクリットで,「the black one」という
意味があるみたい.

参考文献
ヒンドゥー教―インドの聖と俗
ヒンドゥー教―インドの聖と俗森本 達雄

中央公論新社 2003-07
売り上げランキング : 127,175

おすすめ平均 star
starインド庶民の信仰を活写したヒンドゥー生活案内書
star親しみやすい「ヒンドゥー教入門」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/8-9da64ec1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。