スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ΔHMHTPA 

ギリシャ語表記で,Demetraって書いてみた.
英語だと,Demeterとなるらしい.
なんで季節調整法のプログラムがDemetraなのか気になった.
調べてみると,ギリシア神話の面白い話があった.

Demeterの娘Persephoneが死の神Hades(Pluto)さらわれ,
冥界に連れて行かれてしまい,PersephoneはHadesの妻に
なってしまった.
そのためDemeterは悲しみに暮れ,収穫の祝福をしなくなってしまった.
収穫の神である彼女が祝福をしないため,飢饉が訪れてしまった.
飢饉を止め神への崇拝を保つためZeusは,HadesにPersephoneを
返すように命令する.
Hadesは受け入れざるを得なかったが,Persephoneに死の果実である
柘榴(ざくろ)を食べさせてしまった.柘榴を食べたものは,
冥界に戻らねばならぬ運命にある.
Persephoneが年の一定期間冥界に戻る必要ができてしまった.
そのため,Persephoneが居ない時期にはDemeterは悲しみに暮れ,
穀物は実らない冬になってしまう.Persephoneが戻ると,
Demeterは祝福をし,収穫が可能となったそうな.

これがギリシア神話による「季節」の理由付けだそうな.
(ちょっと端折ってます.)
さすがはEurostat.季節調整法のプログラムにこんな神話を使うなんて,
やることが洒落てますね.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/7-efe027dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。