スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳年齢20歳?,頚椎年齢60歳? 

先日,ネットでDS Liteを購入しました.
自分用ではなく,両親向けに購入.
夜になって箱を開けたんですが,とりあえず
お先に失礼して,使って見ました.

それにしてもこのDS Lite.
すごく手に入りにくかったです.
ちょくちょくサイトをチェックして,ようやく予告販売を発見.各色限定10台.
これでも数は多いくらいでした.
他のサイトでは限定1台とかありました.
予告時間にサイトを開くと,まったくアクセスできない.
30分くらいねばって,あきらめかけたとき,なんとなく
アクセスできる感じになってきました.
そこでもう30分粘ったところ,購入できました.
親のためとはいえ,ちょっとつらかった.

実際届いて見るとかなり良くできています.
特に感じたのは,任天堂さんの商品.説明書がすごくいいですっ.
これはユーザビリティーを研究している人には必見です.
そして説明書のみならず,本体もかなり直感的に操作できます.
「脳を鍛える」のシリーズが売れている理由は,あの商品が
すばらしいだけでなく,DS自体のユーザビリティーがとても
高いことにあるのがかなり高い要因を占めていると思いました.


僕の予想というか,誰もが予想しているかもしれませんが,
日本発信のパソコンは,DSが取って代わるかもしれません.
任天堂の非常に高いユーザビリティー能力は,
次のステップにかならずつながります.

ところでソフトで買って見たのは「脳を鍛える」です.
早速名前を登録して,チャレンジ.
脳年齢20でした.
この辺りは,ちょっとしたコツというか
訓練しだいという感じがしますね.
本質的な脳年齢とは関係ないと思いますが,
ある特定の能力に関する脳年齢は二十歳と
評価されるということでしょうか.
少しずついろいろな問題にチャレンジできるように
設定されているみたいなので,まんべんなく20歳
というのは無理そう.

なんでもコツ次第という感じはしますが,
脳にとって良いのは,コツをつかむことそのものではなく,
コツをつかむ過程が重要という感じがします.

要は,いつも新しいことにチャレンジしていくことかな.
新しいことって,わからないことや,できないことが多々あって,
すごくもどかしい思いをするんですよ.
それに絶えて,繰り返していくと,だんだんできるようになる.
できてしまったら,もうルーチンワークになってしまって,
脳は働く必要がなくなってしまうと思います.
だから常に新しいことに挑戦しなくては.

頚椎は痛めていて,お年寄りと一緒にリハビリしているのに.
最近はリハビリ効果ありか,薬が効いているのか,
かなり泳ぎこむことができるようになりました.
といって無理をして,昨日はちょっと肩を使いすぎました.

追記:
少し「脳を鍛える」をやっていたら,結構難しくなってきました.
だんだんいろいろなトレーニングが増えていくんですねっ.
すこし使ったら,
「もっと・・・」
の方も購入してみよう.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/69-9979b7dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。