スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしい整形外科学会 

僕は首を痛めていて,整形外科に通っています.
先週治療に行って,処方箋をもらい,薬を買いに調剤薬局に行きました.

そこで云われて気がついたことがあります.
普段からジェネリックを頼んでもらっていたのですが,
今回の処方箋から,急にジェネリック不可の印が押してありました.
調剤師によると,どうもこの前の整形外科学会で,ジェネリックの利用に疑問が出たらしい.
そのため,その病院の院長がジェネリックの利用を不可と決めたらしい.
が,こっちはジェネリックを希望していたにも関わらず,処方を受けるときに何の説明もない.
まずはその態度が問題.

以前からジェネリックにいろいろな問題が指摘されているのは事実.特に医者の側が問題を指摘しているのを良く聞く.しかし,ジェネリックが効かないなら効かないで,その根拠をなんらかの実験で示すべきだ.それが科学的な態度というものだろう.
また,何の根拠もなく,すべての医薬品のジェネリックを不可とするのは,まったく科学的ではない.
当然ながら,一つの薬品のジェネリックにも複数ある.それを一つずつ調べたのか?

もちろん,主成分以外の成分によって,或る特定のジェネリックが良くない,あるいは効果が薄いということはありうるかもしれない.しかし,それを根拠にジェネリックが一般にダメですなんてことが言えるのか?

ましてジェネリックを希望する患者に説明もなく,処方箋を書き換えるなんてのはどういうことなんだという感じ.これは僕が通っている整形外科だけなのか?それとも,整形外科学会の会員の整形外科はみんな横並びなのか?病院を比較したわけではないので,そこまでは分からない.

次に治療に行ったら,とりあえず文句を言ってやろう.
まったく,その手間すら面倒だ.

そうそうついでに言えば,その整形外科の先生の診察は20秒ほど.
診察の5分ルールなど,いっさい守られていない.
まあリハビリのほうがメインだからというのはあるかもしれないけどね.
この5分ルールはまたいろいろ問題ありみたいですねぇ.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/367-5cceb01d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。