スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「一度も植民地になったことがない日本」
デュラン・れい子

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)
一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)デュラン れい子

講談社 2007-07-20
売り上げランキング : 2945

おすすめ平均 star
star日本を知らない人間に日本論を書かれても...
star海外に住む生活者からみた貴重な視点
starヨーロッパの視点から日本を眺めたエッセイ集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ようやくこれを読んだ.最近続編がでている模様.
まとめるのは面倒なので,興味があれば読むのが一番.

ヨーロッパに長く住む著者が,ヨーロッパから見た日本を書く.
この手の本は,多くの場合.
ヨーロッパの文化はこういう感じで,日本はこんなにダメなのよー.
っていうのが多かった.が,最近は,いろいろと日本文化を見直す傾向が
強いためか,むしろその逆の内容であることが多い.
其の点,この本は,バランスが取れているといっても良いかもしれない.
ヨーロッパに長く住み,日本について聞かれるたびに,著者は日本を弁護すべく
いろいろと日本について勉強をしてきたのだろう.

読んでいて思ったことは,
やはり極東にある日本という国は,ヨーロッパ人にとってはちょっと不思議の国なのだろう.
工業国?
マンガ?
アニメ?
経済大国?
サムライ?
ハラキリ?
カミカゼ?
などなど.

もう一つは,気がつかずに過ごしている日本人的感覚.
こういうのは云われてみないと気がつかないことが多い.
面白かったので,続編も読んでみよう.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/362-c93e32fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。