スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたはコンピュータを理解していますか?」を読む 

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)
(2007/03/16)
梅津 信幸

商品詳細を見る


「エントロピー」「チャネル」「有限オートマトン」「メモリ階層と参照の局所性」「インタフェース」といった,言葉を,誰でも具体的にイメージできるような例を用いて,可愛いイラストとともに説明してくれます.著者の説明は丁寧で,とてもわかりやすい.

しかしこれらの言葉.普通にメールやらインターネットやらを使っているだけではまず目にしない.かろうじて,エントロピー,メモリ,インターフェースを知っているくらい.それでもコンピューターとのつながりといえば,それほど明確ではない.

だから読み始めると,なんのこっちゃという感じですすんでいく.まずはエントロピーから.うーん,僕はエントロピーとコンピュータとのつながりを知らなかった.ここで書かれていることはとても面白いんだけど,正直,結論から書いて欲しかった.著者の手法は,まず誰でもイメージできるような具体例を提供してくれる.その後に,そのイメージに対応したコンピュータの例を紹介してくれるんだけど,これがイライラする.できれば結論から提示してもらいたかった.このエントロピーのところはまさに情報理論という感じ.

その後,チャネルの説明にいたって,ようやくコンピュータっぽくなる(僕のイメージ).ここでコンピュータと人間との付き合いから,インターフェースということを理解できるようになった.第三章にいたって,コンピューターそのものを考察できるようになる.ここが面白い.誰もが想像できる簡易なコンピュータとして,自動販売機を考える.仮に自分が自動販売機に入って,コンピュータを演じるとしたとき,どんな手続きを踏む必要があるのかということから,コンピュータを眺めていく.

「対象(ジュースを買う人)がどんな行動をして,どんな情報を提供してくれて,何を求めているのか」ってところをスタートにして,この対象の行動に対応した自分(コンピュータ)の作業を決めていく.この手続きで,コンピュータが具体的に何をしているのかってことを良く理解できる.ここでの説明は,コンピュータの理解にとどまらない,問題からエッセンスを抽出して,問題を解決していくプロセスそのものだ.物事の考え方を学んだようなきがする.

ただし,全体として分かりやすいと同時に分かりにくかった.
それは,やっぱりそもそもコンピュータに関しての理解が,僕には無いから.アナロジーをいくら提供されても,具体的なコンピューターとしての機能がイメージできない.「メモリを参照?」っていわれたって,それがいくらイラストで説明されていたって,なんのこっちゃわからない.メモリに何が保存されていて,何のために参照して,参照すると何が得られるのか?こういうところが書かれていない(ように僕には読めた).

しかし,それでもこの本はお買い得.まずこの値段でこれだけ丁寧に説明されている本は少なくとも僕は知らない.副題には「10年20年後まで役立つ」とあるが,間違いない.ここで紹介されているのは,本当にコンピュータの肝となる部分だし,60年間蓄積されてきた情報理論の肝なわけだ.10年や20年で廃れないのは,60年の歴史が証明してくれているってわけだ.お買い得.

ちなみにこの書評は,書くのが2度目.さっき書いたのは,FC2ブログがアクセス集中していて,投稿してもBusyになってしまった.そのせいで,書いたものが消えてしまったのでした.2度目なので,余分なところが消えてしまった.まあ消えたところは余分なのでw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/359-0e046de3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。