スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金融広告を読め」を読む 

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
(2005/05/17)
吉本 佳生

商品詳細を見る



3年も前に書かれた本をいまさら読むという時代の流れにゆっくりとしか追いつけない僕なわけですが,この1.5cmはあるかという新書は面白かった.本書の最初の方に数十ページに渡って,どこかで見たことがあるようなとてもカラフルな金融広告が載せられています.これらの広告の問題点を逐次解説してくれるのがこの本.

最近は,勝間氏の「お金は銀行に預けるな」のような金融リテラシーに関する本が売れているようです.勝間氏の本は以前に読みましたが,銀行のダメなところを説明する本ではなく,ある程度のリスクアセットに分散投資をすることを進めている本でした.

しかしこの本は違う.まさに「お金は銀行(金融機関)に預けるな」といいたくなるような本.もちろん,この本にでているような金融広告が全てではない.しかし,お金に縁のない僕ですら記憶に残っているような広告がたくさんあった.特に取り上げられているのは,仕組み預金に相当するようなもの.さまざまな金融手法をたくみに組み合わせて,ちょっと変わった預金を作っている.そうしたちょっと変わった手続きによって,高い金利を提示し,お客から預金を集めている.いや違う.手数料を集めているといったほうが正しい.利ざやを儲けることを目的としているのではなく,手数料収入というおいしいところを狙っているわけだ.このての広告は,某大手○○銀行に良く見られる.○○なんて二文字にしたら,大手では限られてしまうんだけどw.

著者は,こうした広告を出す銀行側に問題があることを指摘しつつも,規制までは求めていない.むしろ金融広告を読み込むための金融リテラシーを我々が見につけることのほうが重要だと主張している.利用者がきちんとした知識を持てば,このようなちょっとだましとも思えるような悪質な広告は自然に消えてなくなるかもしれない.まあ,より金融数学を駆使して,わけのわからない,ちょっとした単純計算では儲かるかどうかもわからないような商品が登場するかもしれない.こうなるともう素人には対応できない.金融リテラシーもイタチごっこなのかもしれない.とはいえ,そこまでの状況ってのは考えにくい.やはり,我々がきちんとした知識を得ることが重要ということなのだろう.

ただしこの方が著者が儲かることは間違いない.このような本を書くことで,著者の仕事対象が消費者へと拡大したわけだ.資本主義はどこまでも強かなのだw
こちらもアマゾンのマーケットプレイスや,BOOKOFFで安く手に入りますとか言ってみる.

コメント

同感です

こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。私もつい最近読みました。素人に必要な知識を教えてくれるありがたい本でした。
下記、とても同感です。
>ただしこの方が著者が儲かることは間違いない.このような本を書くことで,著者の仕事対象が消費者へと拡大したわけだ.資本主義はどこまでも強かなのだw
こちらもアマゾンのマーケットプレイスや,BOOKOFFで安く手に入りますとか言ってみる.

コメントありがとうございます

drarbeitさん,

コメントありがとうございます.
著者は,この金融広告に関して続編もかいているみたいですねっ.なかなか面白いところに目をつけるなぁと思いましたよ.

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/358-6547b097

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。