スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとんどいたるところ微分不可能 

Excelで学ぶ金融市場予測の科学―市場を動かす中心金融定理とは何か (ブルーバックス)Excelで学ぶ金融市場予測の科学―市場を動かす中心金融定理とは何か (ブルーバックス)
(2000/04)
保江 邦夫

商品詳細を見る



先日読んだ,「Excelで学ぶ金融市場予測の科学 ブラック-ショールズ理論完全制覇」の前作にあたるのが,この本.

この本もまた,Excelを用いて,確率微分方程式のシミュレーションに取り組もうという意欲的な本.微分だって難しいのに,確率微分方程式なんていう,さらにわけがわからないものを,なんとExcelで解いてしまおうという発想がすごい.しかも,Excelの組み込み関数のみ.VBAなどは使いもしない.そうした簡単な手続きのみで,確率微分方程式の例を解くというよりは,シミュレーションしてみる.これが直感的な理解を深めてくれることは間違いない.

どんなに数学的に数式を操れたとしても,その直感的な意味が伴わなければ,それは数式をいじっているだけでしかない.その意味で,こうしたシミュレーションを多様していくということは,統計的性質を理解するのにもってこい.そして統計的性質のもっとも重要な性質である,中心極限定理(著者は何故か,中心金融定理と呼ぶ)をはじめに解説.

この解説は・・・わかりにくい.
うーん,数式がいくらかでてくることが分かりにくい理由ではない.著者の説明がわかりにくい.もう少し全体の構成を考えてほしかった.それと,折角シミュレーションを多様するのであれば,中心極限定理だって,シミュレーションでもっとイメージしやすく繰り返して欲しかった.

もうひとつ.こうした形で確率微分方程式をいきなりシミュレーションからはじめてしまうと,本来の「連続であるが,ほとんどいたるところ微分不可能」な中での,「伊藤の補題」の意味がつかみにくい感じがします.まあそんなところは後から付いてくるんですかね.

それでも金融工学の入り口を広めてくれていることは間違いがない.その意味がとても大きな本.はじめて金融工学に触れる人にはまったく勧めることはできない.大学でファイナンスを教える教師が,この本をもとに,うまい講義を考えてみると,面白いファイナンスの講義になるかもしれない.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/356-0097a8e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。