スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間宮陽介訳 「雇用,利子および貨幣の一般理論」が出る 

雇用、利子および貨幣の一般理論 上 (1) (岩波文庫 白 145-1)雇用、利子および貨幣の一般理論 上 (1) (岩波文庫 白 145-1)
(2008/01/16)
ケインズ

商品詳細を見る


僕としたことが,これが発売されいたのを逃していました.
今日,本屋に立ち寄って,思わず購入した待望の一冊.
アマゾンではまだ画像も間に合ってないですね.

とりあえずいまいえることは,

文庫になったことで,「一般理論」の敷居が低くなった.

文庫になったことで,読もうと思う気になった.


ともかくも文庫で出したということが,今回の訳の最も意義があることだったと思う.
まあ昨今は,古典の新訳ブームではあるのですが,こういう学術的なところは,ちょっとブームは遠いところにあるのかもしれないですね.特にケインズは分かりにくいといわれますし.一般に大学のマクロ経済学で学ぶIS-LMモデルが,ケインズ理論の代表的解釈といわれています.が,当然ながら,「一般理論」のあの大著が,財市場と貨幣市場のたった2本の式に収まるはずはないわけです.その意味で,IS-LMモデルはケインジアンの理解を普及させたものの,ケインズの考えていた経済学とは違うところを見ていたということなのでしょう.

さて,序文を読むと,アメリカのニクソン大統領の有名な言葉,

「われわれはいまやすべてケインジアンである」

が紹介されています.当時の経済学者に強く影響を与えた一冊であったわけです.サミュエルソンいわく,「南海の小島を疫病が襲うように」であったのですねぇ.逆に,その後の新自由主義をまた疫病と言い放ってしまうあたりは,間宮氏らしいというところか.

間宮氏といえば,「ケインズとハイエク」,そして,「市場社会の思想史―「自由」をどう解釈するか」を読んだことがありますが,両方とももう一度読みたい本です.日本のアカデミズムが好みそうなバイアスがあるとはいえ,これだけの短い本に経済思想史がきちんと整理されているのは貴重です.経済理論だけでなく,それが形成された時代のファッションを知る,そして背景にある経済思想を知ることが如何に重要かを再確認させてくれました.

さて,その間宮氏の訳.以前から話題になっており,いつでるのか期待していたところですが,ついにでてくれました.といっても,僕が今日気が付いただけで,とっくに出ていたのかもしれないのですがw.

当然ながら,まだほんの少ししか読んでいませんw.ですから書評ですらない...
そもそも,こういう本はさっと読んで理解できるような本では無いわけで,ただでさえ読むのが遅い僕には,一生かかってしまうのかもなぁとも思ったりしました.

僕がケインズの言葉で一番好きなのは,吉川洋氏の「ケインズ―時代と経済学」で引用されていた次の言葉,

「経済学の研究のためには、非常に高度な天賦の才といったものは必要ない。経済学は哲学や自然科学に比べればはるかに易しい学問といえるだろう。にもかかわらず優れた経済学者は非常に稀にしか生まれない。このパラドックスを解く鍵は、経済学者がいくつかの全く異なる才能を合わせ持たなければならない、という所にある。彼は一人にして数学者であり、歴史家であり、政治家であり、哲学者でもなければならない。個々の問題を一般的な観点から考えなければならないし、また抽象と具体を同時に兼ね備えた考察を行わなければならない。未来のために、過去に照らし、現在を研究しなければならない。」


ちなみに以前の本は,塩野谷氏のこちら.普及版とはいっても,その分厚さに読み始めることすらままならないというw

雇用・利子および貨幣の一般理論雇用・利子および貨幣の一般理論
(1995/03)
J.M. ケインズ

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/355-5cc80305

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。