スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鹿男あをによし」を読む 

鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


いうまでも無く,言うまでも無い本.

このまえ購入していたので,読みました.

感想を書くと,ネタバレになるでしょうから,印象を.

といっても,少しはネタがバレます.


文体は,通して一人称.

一人称の文体ってのは,とても読みやすい.

が,すべてがこの一人称の視点でしかないので,

なかなか全体像が見えない.

そして,一人称である主人公の名前が出てこない(たぶん).

一人称による,情景描写ってのは,とても不思議だけど,

ものすごく丁寧に書かれている.

人間の描写,奈良の風景,剣道の試合が見ているように想像できる.

特に動きのある剣道の試合の描写はすばらしい.

剣道の場合,詳しいことは知らなくても,ほとんどの人が想像できる.

だからこそ剣道なのかもしれない.

面白かった.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/354-d7a715de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。