スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「過剰と破壊の経済学」を読む 

過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 42) (アスキー新書 42)過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 42) (アスキー新書 42)
(2007/12/10)
池田 信夫

商品詳細を見る


先日購入した,池田信夫氏の「過剰と破壊の経済学」を読む.

基本的なアイディアは,「半導体の集積度は18ヶ月で倍になる」というムーアの法則をキーワードに,この法則が情報産業において大規模中央集権型のアーキテクチャーから,分散型のアーキテクチャーへの変更を可能にしたことを論じていく.そしてこうした情報産業の変化に旧態依然とした日本の伝統産業(と彼は呼ぶw)である製造業・通信・放送が着いていっていないことを問題視した一冊.

前半部分は,よく知られたコンピューターの発展を解説してくれている.ほとんどはどこかで聞いたことのある内容だけど,あらためて整理してくれているのは嬉しい.後半にいたると,まさに著者の真骨頂.既存の古い制度を批判し,低い生産性の企業やシステムは市場のメカニズムによって排出されていくべきだとする感じ.

考察は,僕にはとても論理的にきちんとしているように読めた.ただ,基本思想が情報産業が生産性を上げたことを前提としているところが問題だと思う.この問題は著者も引用しているようないわゆる生産性パラドックスで,統計にはでてきていない.やっぱり気になるのは,本当にIT資本はTFP(全要素生産性)を増加させているのか?個人的には,いまいちあがっていないように思うところもある.ただしこれは単なる個人の印象なのでなんともいえない.科学的思考という点では,やはりそこが本当に正しいのかどうかをきちんと見極めなくては,政策判断まではできないのかもしれない.

ほかに気になることは,日本が採用してしまった固定的な制度とか規格が,新しい変化についていってないことを指摘している点.これはこれで正しい.しかし,常に柔軟に制度や規格を変更していくのは,コストがかかりすぎてしまうのではないか?
要するに,制度を固定化することは,環境の変化に対応できずに競争力が低くなり遺失利益が生じるという形でコストがある.しかし,ある一定期間吟味することで長期間耐えうる規格を見出すことができるならば,そのほうがよいケースだってあるだろう.
逆に,常に最新の規格に柔軟に対応することで,いちいちコストがかかる.それに本当によい規格か否かの判断をする時間だって短いはず.またムーアの法則から,一つの規格の耐用年数も短い.コストは常にかかり続けてしまう.こういう問題はどちらが良いとか悪いとかではなく,いわゆるコスト・ベネフィットを比較して考える問題なのかも.

とはいえ,優れた分析が多く,特に放送・通信の問題については考えさせられるところが多かった.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/346-a05c84cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。