スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」を読む 

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP文庫)ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP文庫)
(2004/07)
福田 和也

商品詳細を見る



まあホントに自分が本を読むのがどうしてこんなに遅いのかと考えると,

こういうひと月に百冊も読める人を尊敬のまなざしで見てしまうのです.

で,この本を購入してました.

読んで書く方法.

どうやって読んで,どうやって書くかについての,福田氏の方法を教えてくれるというもの.

細かい内容については,

目次

序 ひと月百冊を読み、三百枚を書く
第1部 どう読むか(本の「効率的」な読み方
「抜書き」の多様なメリット
本以外の情報の集め方)
第2部 どう書くか(情報整理から表現へ
文章上達の「近道」とは
より幅広く書くために)

という感じで,「抜書き」や「情報の集め方」を含めて,いろいろ書かれているけども,

全体を通して言っていることは,

「目的を持つこと」

だった.

「何を目的として読むのか」
「何を目的として書くのか」

これをしっかりと持っていることが,効果的に本を読み,書くことの一番のポイントとなる.

言われてみてなるほどと思う.ただ漠然と,何も知らない本を,だらだらと目的も無く読むよりも,何を知りたいがために,また何を得たいがためにその本を読んでいるのか.何を,誰に伝えたいがために,その文章を書くのか.これを意識したほうが良いに決まってる.決まってるけども,意外にやってない.そんなことを気が付かせてくれました.文庫化されて安くなっている一冊.アマゾンを見ていたら,なんと2もでていたw.
さすがにもう要らないかなw


ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 2ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 2
(2004/03/19)
福田 和也

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/344-e5e2329d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。