スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お金は銀行に預けるな」を読む 

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る


「お金は銀行に預けるな」を読む.

この本.すでに多くのブログの書評で紹介されています.もちろん僕もそれを読んで購入しましたw.ただ,購入したときには,ちょっとなめてました.というのは,「どうせこの手の本は,適当なことをいって,自分のやってきたこと自慢するだけなんだろー」くらいにしか思っていなかったからです.

でも,読んでみたら違いましたねー.
まさに"金融リテラシー”をつけられてしまいましたw.
経済学をかじるものとしては,そりゃだいたいのことは知っていました.それでもリスキー・アセットを持ちたいとは全く思わなかったのが今までの僕でした.

「株なんて,どの銘柄が儲かるのかわからん」

とか

「平均的にはもうからないんじゃ」

くらいにしか思っていませんでした.

しかし,彼女が言うのは,どの株,どの金融商品を買えば儲かるとかそういうことではないんです.リスキー・アセットには,リスクフリー・アセットに比べて,平均的にその分プレミアムが付く.という点を指摘してくれるのす.確かに言われてみればその通り.

平均的にプレミアムが付いているというのは,時系列にずっと保有できた場合だけではない.クロスセクションに保有したっていいわけです.要するに,分散投資.ま,言われてみれば当たり前なんですが,そのハードルととても下げてくれたという印象を受けます.僕も少しは,リスキー・アセットに投資をしていますが,もう少し積極的になってみてもいいかなぁと思わせてくれた一冊.ただし,本当にチャレンジするなら,よくよく勉強する必要があるというのは,彼女も指摘するとおり.

しかし,彼女の経歴はすごい.
「結局,すごい人はすごいのだ」
という結論で終わらないところが,またこの本の良いところです.


あ,それと読んでいて一つ気が付いたことがあります.

「最初の分散投資は,・・・(略)・・・,なるべくたくさんの資産に分散をして投資をすることで,リスクを最小化しつつ,リターンをあげる方法です.」

とありますが,この文章には間違いがあります.

つづくw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/335-65648661

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。