スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iron Lady と Taylor 

Liberia seeks end to Taylor exile
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/4817106.stm

"A UN-backed war crimes tribunal in Sierra Leone wants to put Mr Taylor on trial for backing Sierra Leone rebels."

国連はテイラーをシエラレオネ戦犯として引き渡す要請をしているが,亡命先のNigeriaは

"Mr Obasanjo has always refused to send Mr Taylor to Sierra Leone, saying he would only extradite him following a request from an elected Liberian leader."

として,Liberiaのリーダーが要請しない限り,引き渡さないとしている.

"Mr Taylor is accused of selling diamonds and buying weapons for Sierra Leone's Revolutionary United Front rebels, who were notorious for hacking off the hands and legs of civilians during a 10-year war."

うーん.シエラレオネの内戦については,手首を切られた子供の
写真などがかなり衝撃的に報道されたんですよね.
BBCのCountry ProfileのシエラレオネのTime Lineのページをみると,
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/country_profiles/1065898.stm
両手が義手の子供の写真が載っています.

Liberia側の反応としては

"Last weekend, Liberian Information Minister Johnny McClain denied reports that a formal extradition request had been made."

正式な要請はしていないとし,大統領自身,

"prosecuting her predecessor was "secondary" "

としている.落としどころを探っているという感じみたい.

BBCではこんな疑問を投げかけています.

"What do you think of Liberia's request for Nigeria to hand over former President Charles Taylor? Should he go back to Liberia or would his return destabilise the country? Send us your comments."

うーん,リベリアに戻せばあちこちから批判があるだろうし,
そういってシエラレオネに送れば裁判となる.
法律がうまく公正に機能するのであればよいですが,
内戦に限らず,公正に行われた戦争裁判ってあるのでしょうか?

ちなみに,リベリアの女性大統領Ellen Johnson-Sirleafについて,
彼女の支持者は "Iron Lady" 「鉄の女」と呼んでいました.
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/4395978.stm>

"She was imprisoned in the 1980s for criticising the military regime of Samuel Doe and then backed Charles Taylor's rebellion before falling out with him and being charged with treason after he became president."

複雑な関係でややこしい.記事を何度も修正しまくってしまいました.

リベリアの略歴については,
http://kerso.blog52.fc2.com/blog-entry-12.html
にちょっと書きましたが,このページも参考になりました,
「欧米列強に翻弄された”自由の国?”リべリア(1)」
http://www.asahi-net.or.jp/~CN2K-OOSG/liberia01.html

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/33-57b0e8ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。