スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネオ・ファウスト」を読む 

ネオ・ファウスト
ネオ・ファウスト手塚 治虫

おすすめ平均
starsBJより何よりも
stars手塚治虫が最後に描いていた漫画!!
starsメフィストのメは「雌」?
stars手塚治虫最後の作品の一つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手塚治虫の天才っぷりには,いつも感銘を受けるばかり.

一つは,ストーリーの焼き直し方.古典を現代風にアレンジし,読み手が現代の問題と照らし合わせて考えることができるようにしてくれる.

二つ目は,物語のfrictionの作り方.ともすれば単調になりがちなストーリーに,いろいろなfrictionを入れる.これが彼のマンガの特徴でもある気がする.何か理不尽さも感じるときがありますが,それがストーリーを引き立ててくれる.

三つ目は,常に根底に流れる「生命」に対する問い.もちろん科学的な問い,倫理的な問い,そして両者の対立と調和を見据えて,読み手に問題提起をしてくれる.

決して手を抜くことなく,緻密に展開される.彼が持つマンガのテクニックを多用し,キャラクターに語らせる言葉は,答えをくれるものではない.僕に「問」だけを残し,また考えることをはじめてしまうのでした.

未完の遺作となったこのネオ・ファウスト.
その後の展開が気になりつつも,途中で終わってしまうのです.
それがまた,僕に「問」を残してくれます.
まずは,ゲーテのファウストを読んでみよう.

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)
ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)ゲーテ Goethe 相良 守峯

おすすめ平均
stars私は目もくらむほどの体験に身をゆだねたいのだ
starsドラゴンバレーでファウストに学んだこと(;'Д`)ハァハァ
stars旧版 森 林太郎 (翻訳) はいずこへ
starsさすがゲーテさすがファウスト
stars上演不可能の脚本に何故ゲーテが取り組んだのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/328-af250f11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。