スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嫌韓流3」をようやく読む. 

マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック)
マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック)山野 車輪

晋遊舎 2007-08-28
売り上げランキング : 12

おすすめ平均 star
star全国の図書館に置くべき。
star作者の言うほど嫌韓は広まっていない
star不可思議な隣国を知る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


嫌韓流3

を読む.

また新しい情報を取り入れて,分かりやすく解説.
以前よりもマンガがメインになり,余分な解説が無くなったのが,読みやすくて言い感じ.とはいえその分情報量は少なくなってしまうけど,それはまあ別のところで補えば十分かも.といっても,いろいろな書籍でよく知られていることを,改めてマンガで纏めなおしたという感が強い.独自の取材による情報は少ない感じがする.しかし僕のように文字を読むのが遅い人間には,情報を効率的に読むことができるこうしたマンガはとても意義があります.麻生さんも言っているが,日本のマンガ文化はそれこそパブリック・ディプロマシーにもっと有効活用すると良いと思いました.いや僕が言うまでも無く,麻生さんが言うまでもなく,すでに日本のマンガは,日本の文化を広め,日本のイメージを良くしてきたというべきですね.

ところで,前の1,2ともに読みましたが,今回の3にはちょっとした特徴がありました.それは,反日への単なるアンチとしての日本人取り上げ,「批判」のための「批判」をすることを否定的に書いていること.この点はとてもすばらしいと感じました.

僕ももちろん,反日の韓国政府や,反日の韓国人はやはり嫌いです.ただし,あたり前のことですが,全ての韓国人が反日というわけではない.その意味で,韓国嫌いになっては成らないと思うわけです.韓国人を一くくりにして嫌いというわけではない.ネットを見ていると,あきらかに韓国人全体を指して批判しているケースを見受けることができます.この本が,こういう状況を取り上げたことは,今まで以上に評価したいです.

この前,チェコの田舎町で電車を駅でまっているとき,韓国人夫婦が話しかけてきました.「日本人ですか?」と聞いてきたので,日本人と知っていて声をかけてくれたみたいです.彼らはとても気さくで,チェコの旅のこととか,ソウルで何をやっているのかなどいろいろな話をしました.奥さんは日本が好きらしく,日本語も少し勉強し,日本の映画などもよく見るそうです.今度東京に行くという話しもしていました.

そんなときに,ふと,なんとなく避けようとしてる自分に気がついてしまったことです.いつも反日の韓国人というイメージばかりもっていたせいです.彼らはとても気さくに世間話をしてくれているのに,それは大変に失礼なことでした.これはイケナイと思いなおして,僕もいろいろと話をして,とても楽しい時間をすごすことができました.反日韓国人がただ反日であるように,僕もただ反韓になってしまうところでした.反日勢力の行動を反面教師として,自分の行動を正して行きたいと思えた経験でした.

半島の統治することになった歴史の経緯が説明された章もあり面白い.しかしもう少し丁寧に書かれても良かったのではと思いました.それこそ,一冊まるまるその時代の歴史を語るものでも良いくらい,たくさんのドラマがあったはずです.いや,むしろ誰か大河ドラマにして事実をドラマ仕立てで書いて欲しいですね.司馬遼太郎が幕末の日本を描いたように,李氏朝鮮から,日本の協力のもと開国と近代化に向かう韓国のドラマというのはとても見ごたえがあるのではないでしょうか.

そういや,最近韓国ドラマの「朱蒙」を見ているのですが,これ面白いですねぇ.紀元前37年、その高句麗を建国したとする人の伝説らしいです.朝鮮半島とはいえ,現在の中国も含むため,中国側は中国の歴史の一部と主張し,韓国は韓国の歴史の一部と主張する.まあ,中国も韓国も新しい国ですから,過去の国と現在の国境線とを比べて,自国の歴史などといっても,あんまり意味ないわけでw.まあ,相当に昔の話ですから,現在の韓国に続いた文化には見えないんですが,それはそれとして,ドラマは面白い.とてもよくできているので,ついつい毎日見てしまうのですw.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/313-57de2ad7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。