スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進化しすぎた脳」を読む 

進化しすぎた脳
進化しすぎた脳池谷 裕二

講談社 2007-01-19
売り上げランキング : 1251

おすすめ平均 star
starラッセルの「哲学読本」のように
starこれはマジで面白い!
star刺激的、そしてさわやかな読後感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海馬の研究で名を上げた池谷裕二さんの書籍.
5年ほど前に出された単行本が,新書になって戻ってきました.
僕はこれはじめて読んだのですが,5年たっても決して古くないものでした.

ニューヨークの日本の高校生に講義をした講義録という形ですが,とても効果的にかつ分かりやすく説明しています.
こんな講義ができたらば,すばらしいです.入念に準備した講義だったのでしょうが,しかし単調ではない.ただただつまらない解説に終始するわけでもなく,全体の構成を考えつつ,聞き手を決してあきさせない.すばらしいかぎり.

既に読んだ人は多いと思いますが,僕はいまさら読みました.
知っていることもありましたが,最新の研究成果を見せられると,今まで知っていたことが正しくなかったことや,自分の考えを改める必要があることもありました.

そして最後は,科学哲学にまで踏み込む.
脳を考えるというのは,とても奥の深いことだと再確認しました.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/306-2da3408d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。