スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の悲劇 

先日,通勤のため,駅のホームで電車を待っていました.

僕が乗る電車と反対のホームに電車が到着しました.

しばらくすると,中の乗客がざわざわしています.

そして,ドアのところから駅員さんを呼び始めました.

”すいませ~ん”

という感じ.しかし電車の発射ベルが鳴り出し,駅員さんは気が付かない.

呼ぶ乗客の声がだんだんと大きくなる.

それでも車掌は気が付かず,ドアが閉まろうとする.

お客さんは協力し,ドアを止める.

ホームの別のお客が,緊急停止ボタンを押す.

ベルがなりだし,ホームは騒然となったのでした.

ようやく駅員が到着し,お客に話しを聞く.

中に倒れている人がいるということだった.

周りの人も,ことの重大さに,立ち止まり見守っている.

どうやら駅員が声をかけたようだ.

しばらくすると,若い男性が,自分で歩いて降りてきた.

ん?

本人は,大丈夫だと,照れくさそうに言っている.

ん?

あっ,寝てたのねw

そんな倒れこむほど,ぐっすりと気持ちよくw

その後,彼がどうなったのかはわかりません.

叱られたのか,遅れた賠償を求められたのか,

何事もなく去っていったのか・・・

日常の悲劇でしたw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/284-a9c85e0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。