スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道を読む 

武士道
武士道新渡戸 稲造 矢内原 忠雄

おすすめ平均
stars道徳の定義は、時代場所を問わず共通するものがあると思う。
stars確かに名著でした。
stars読むまでこれほど大きな視野で書かれているとは知らなかった
stars日本人であることを意識する
stars武士道―文明と野蛮の逆説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



新渡戸稲造の武士道を読む.

日本人のためにかかれたものではなく,

外国人のために英語によりて書かれたもの.

岡倉天心の「茶の本」
内村鑑三の「代表的日本人」
とともに外国人に日本を紹介するために,あるいは日本への誤解を解くために英語にて書かれた本.

義を論じ,

勇を論じ,

仁を論じ,

礼を論じる.

そのほか,誠,名誉,忠義,教育,克己,自殺・仇討,刀,婦人,とうとうを日本の文学,孔子・孟子の言葉,西洋の文学,聖書などを引用しながら,外国人に伝わるように説明していく.

きっかけは,当時の日本において宗教教育が無いなかで,いかにして道徳を身につけているのかという外国人からの質問だったという.その質問をきっかけとして,武士道を考えるに至ったということだ.

新渡戸氏の妻に語ったことを纏めたそうなので,説明は平易になっていると思う.昔の日本語訳をさらに現代語にある程度なおしているとはいえ,それでも読みにくい箇所はなんどもあった.きっと英語もちょっと古いのだろう.

日本人の僕が読んで,いまさら”へぇ”と思ってしまうのは情けない.
とはいえ,最近は江戸時代の研究が進んでいるので,新渡戸氏の考えが,全部正しいともいえないだろう.どうも日本の武士のイメージは,芸能関係つまりは芝居によって脚色されたところが多い感じがする.それこそ忠においては,忠臣蔵のような主君の仇討ち物語はほとんど無かったということだ.だからこそ忠臣蔵ばっかり演じられるそうだ.主従関係は契約ではないため,実際には,日和見的なところが多かったようだ.

いっぽうヨーロッパの王と封建領主との関係は契約関係であり,王の仇討ちまでが契約として結ばれていたならば,それが実行されたという.これを忠臣というかどうかは別だけど.契約というアイディアはやはりtestamentによるものらしい.

とはいえ,外国人には不思議に思えることも,現代の僕が読んでも自然に受け入れられるところがいくつかあった.これをいちいち説明しなくてはならないたいへんさ.しかも英語で書いた新渡戸氏はやはり秀才だった.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/260-a5fec325

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。