スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おらが村におてんとさんを 

800年前えらい坊さんが見つけたこの土地に,おらたちのご先祖さんはずーっとすみ続けてきたんだ.いまはちっこいお寺さんと,197人の村民が住んどるのよ.

小さくとも綺麗な,いー村なんだけっどもー,まわりが山に囲まれてってからー,この800年間,11月になるってぇと,おらが村にはさっぱり日があたらねぇ.84日間真っ暗なんだわー.とんでもなく寒ーしー,花は咲かねーしー,洗濯物はかわかねーし,こりゃ大問題なんだわ.おてんとさんに当たんねーと,ホルモンだか,ビタミンなんちゃらってのができねーらしくってー,体にも悪いんだとよー.
だもんだから,冬んなるとー,おらたちいっつも眠いんでさー.

そったらことを毎年毎年役場で話し合ってんだけどー,7年前にとんでもないこと言う奴がおったんよー.そいつの名前は,
三谷笛羅門.鉄道員だったべさー.

奴は,”おらが村におてんとさんを!”といって,村長になったんだー.三谷村長は,とんでもないことを考えとった.北の山にでっかい鏡をとりつけてー,太陽を村に反射させるってよー.みんなそったらことできるはずねぇって言ってたんだけどー,村長さんのがんばりには感心しとったのよー.

7年もの間,村長さんはずっとがんばっとったんだが,ついにそのどでかい夢を実現させたんだー.おらたちは,初めて冬に影ふみができるようになったんだー.

http://www.capetimes.co.za/index.php?fArticleId=3570650

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/240-3cfe2ce1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。