スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇想の系譜 

奇想の系譜
奇想の系譜辻 惟雄

筑摩書房 2004-09-09
売り上げランキング : 3615

おすすめ平均 star
starべらぼうに面白い美術本
star読む手が止まらなくなるオモシロ本
star日本近世美術の名著がお手元に!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ここしばらく,
「奇想の系譜」 辻惟雄 ちくま学芸文庫
をよんでいた.

正直,日本画については,なんにもしらない.(洋画もだけど.)
歌麿とか,北斎とか有名なのは,聞いたことあるし,見たことあるくらい.

それにもかかわらず,何故か読み始めてしまった一冊.
辻氏が,1970年代に書いた本の文庫化.当時としては,主流派からの異端として誰も注目しなかった画家たちを,「主流派の中の前衛」と位置づけた画期的な一冊とのこと.
扱われているのは,岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳.

主流をぜんぜんしらない僕が絵を見ても,何が異端なんだかさっぱりわからん.
ただし,掲載されている絵の迫力はすばらしい.本の言葉をそのまま使えば,奇矯(エキセントリック)で幻想的(ファンタスティック).これだけの表現力をもった画家たちの絵に注目しなかった時代があり,多くが海外に持ち出されてしまったことは非常にもったいない.

やはり注目は,表紙になっている曾我蕭白の「雲龍図襖」.
これがボストン美術館にあるなんて...

曾我蕭白は「美の巨人たち」でも紹介されてたみたい.
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/011222.htm

残念なのは,掲載されている絵がカラーでないこと.
是非本物をみたい.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/221-19132a5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。