スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Toward a science of translating 

英語の発想がよくわかる表現50英語の発想がよくわかる表現50
行方 昭夫

岩波書店 2005-04
売り上げランキング : 60579
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Toward a science of translatingとタイトルは付けたものの,翻訳学序説というと言いすぎかもしれない.
Amazonでの評価が高いので買って見た.

Amazonでの評価では,学校では教えてくれないという評価がされていたが,読んでいると,なんとなく学校の授業を受けているようだった.
たしかに勉強になる面白いトピックはたくさんある.

でも,著者が英文学専攻の大学教授だからか,
印象としては,やっぱり

「翻訳学序説」

という感じ.
タイトルから僕が想像していたのは,
「英語の発想を理解して,実用的な雰囲気をつかめるようになる.」
という感じだったのですが,むしろ,
「英語の発想を理解して,きちんとした日本語に翻訳する」
というのがメインな気がする.

なんとなくいつも思うのは,高校や大学で英語を教える人たちって,多くの場合は英文学や翻訳を仕事としている人たちで,「すばやく適切に英文を読んで,情報を得ていく」というよりは,「文章を精読して,情景を味わう」といった感じ.もちろん,英文学を読んだり,あるいは英語でペーパーバックの小説を読む場合には,生きてくると思います.

ただ,ちょっとまどろっこしい.
最後の章の「さらに意欲のある人のために」では,
名文の徹底理解なんてのは,もうなんか

めんどくさい

もちろん本の読み手を高校生くらいに想定しているので,彼らには是非読んでもらって損はないと思います.英文学を味わいたいという人にもすごくよさそう.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/159-42cedbb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。