スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の靖国問題 

上坂氏の指摘のなかにたいへんに興味深いものがあった.

靖国神社の持続性とでもいうべき,本当の靖国問題.

今後,戦没者遺族の数はどんどん減っていき,靖国神社に奉納される金銭はどんどん減っていくことになるだろうとしています.そのため運営が困難になる恐れがあると.

このまま一宗教法人という運営体系のままで,存続し続けることができるのか?
最近は,靖国に参拝する戦没者遺族以外の人も増えているようですが,彼らの奉納する額ではとても運営していくことはできないでしょう.
これは本当に靖国問題です.運営という視点からすれば,いずれはどこかで国家護持という議論をしなくてはならないでしょう.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/147-960057da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。