スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル プエブロ ウニド ハマセラ ベンシド 

「団結した人民は決して敗北しない」

2002年4月のベネズエラでのチャベス政権打倒のクーデターを乗り切った
チャベス政権が唱和したチリ革命での合言葉.

2002年4月のベネズエラでの政変を,アイルランドの取材班が密着取材したドキュメンタリーがある.
「チャベス政権 クーデターの裏側」
原題は,
”THE REVOLUTION WILL NOT BE TELEVISED”
だ.

ドキュメンタリーの内容は,詳しくは
http://www.chavezthefilm.com

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Bushwar/venezuela_coup.htm

http://atfox.hp.infoseek.co.jp/xfile/terro/venezuela.htm
にあるので,そちらを参照してほしい.
またNHKでも放送されたらしいので,見た人はいるかも.
僕も最近入手しました.

ここでも,ブッシュ政権と石油天然ガスとの関係を見出すことができる.
さらにメディアのあり方も問われるところだ.
ベネズエラの民放5局は,すべて親米財界人が所有しており,反チャベス放送ばかり.
また日本の報道も,アメリカからの二次情報ばかりをそのまま伝えたものであって,自ら取材したものではなかった.
このドキュメンタリーを見ると,まったく異なる事情がそこに存在したこと.またアメリカのSOPのあり方に改めて驚く.そして911陰謀説がまたここでリアリティーを持ってくることになる.

ただ,チャベス政権についてはいろいろと考えることはある.
当初,富の公平な分配を述べていたチャベス.一部の人間しか石油の利益を享受できなかったことへの反発であった.
しかし,現状はどうか?オイルマネーの力が,チャベスの力であり,またチャベスはそれを外交の交渉力にだけ使っているように思えてしまう.もちろん国内政策については,あまり報道されにくいこともあるから,当然バイアスがあるので,断定はできない.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kerso.blog52.fc2.com/tb.php/110-013f58e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。