スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己目的化する運動とその副作用 

NGOs: Fighting Poverty, Hurting the Poor
http://www.foreignpolicy.com/story/cms.php?story_id=2672

とても丁寧に取材した記事でした.
あるNGOによる,世銀プロジェクトの批判と抗議運動により,プロジェクトが中止された事例です.
こうした批判は,必ずしもきちんとした分析が行われず,ともかくと大きな組織に批判をすることが自己目的化したアクティヴストたちの横暴であるケースがあるようです.
結果として,より世銀によるプロジェクトは撤退し,該当国のより粗悪なプロジェクトが実行されてしまった例です.
ハリウッドのセレビリティーを巻き込むことで,影響力をより強めてしまう.

現地での援助活動をせず,抗議運動だけを中心に行っているNGOが中心であって,全てのNGOがこうした活動を行っているわけではないようです.

アンチ・グローバリゼーション,アンチIMF,アンチ世銀でもなんでもいいですが,本当に途上国に有益であるような政策までも批判の対象となるのであれば,それは好ましくないですね.

そういえば,ダムの話とは直接関係ないですが,WTOでがんばっているパグワッティーこんな本を書いていました.

グローバリゼーションを擁護する
グローバリゼーションを擁護するジャグディシュ・バグワティ 鈴木 主税 桃井 緑美子

日本経済新聞社 2005-04-21
売り上げランキング : 101920

おすすめ平均 star
starNGOはこれを読め!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。