スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマリア追記 

ソマリランド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89
プントランド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89
南西ソマリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E8%A5%BF%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2

と3つの自治政府が成立しているとか.
ソマリランドだけが暫定連邦政府への参加に反対している.
ただ,ソマリランドは政治の安定性が確保され経済も良好
とのことなので,反対する意図もわからなくもない.
無理に連邦制をとれば,また利害対立が生まれて内戦が悪化
ということもありえるかも.といって,小さい独立国が
乱立すれば,国境紛争が激化することも考えられるし,
またアフリカ内部での民族独立運動が活発化してしまうかも
しれない.

そもそも氏族という概念はあったけれども,国という概念を
無理やり持ち込んだのは欧米の植民地政策であったのかも.
もともと統一的な中央政府を必要とせずとも,氏族の慣習制度に
よって一定の秩序を保ち続けてきたわけですよね.
冷戦の影響も混ざって,大変に禍根を残している感じがします.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。